本文へスキップ

理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)|理系の研究機関・研究所・大学での英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)・研修をカスタマイズして講師を派遣します。

東京・大阪エリア お急ぎのお問い合わせはお問い合わせ・資料請求
TEL. 050-3554-1141(平日 09:30~18:30)

理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)PRESENTATION-Q&A

トップページ > 理系の英語 > 理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)

理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)

理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)

質疑応答時によく使われる表現や、スムーズに質問に答えるための表現を学んで、円滑なQ&Aセッションを行うための講座です。

英語での質疑応答時に必要となる、リスニング力を強化するための自己学習方法をご紹介します。

対象者
研究発表を英語で行う方、または、これから行いたいと思っている方(初歩的な英会話ができる方)


Q&Aセッションで、英語での質問にスムーズに対応できるスキルを養成します。

英語プレゼンテーション時のQ&Aセッションでよく使われる表現、応答をよりナチュラルにする表現を学んで、スムーズな質疑応答を目指します。

また、英語のQ&Aセッションで必要となるリスニング力とスピーキング力を強化するポイントをご紹介します。


効果を上げる3つのポイント!

  1. 聴衆からの質問を理解するリスニングのコツをつかむ
  2. ナチュラルに質問に答えるための重要英語表現を学ぶ
  3. 質疑応答力を鍛えるセルフトレーニング法

御社の業務内容にあわせた「カスタマイズの英語・質疑応答集中講座」がご提供できます。
(一般的に必須となる内容の「標準コース」もございます。詳しくはお問い合わせください。)

対象者
研究発表を英語で行う方、または、これから行いたいと思っている方(初歩的な英会話ができる方)


理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)・カリキュラム例 一部抜粋

Lesson1

  • 1.質疑応答のための基礎づくり
    ・質問のポイントをつかむ ・研究発表によく使われる質問表現
  • 2. 質問を聞きとるリスニング力を高める
    ・専門用語と準専門用語 ・質問のパターンを知る ・質問がわからない時の対応

Lesson2

  • 1.質問に応答するスピーキング力を高める
    ・質問に対する効果的な答え方 ・研究発表によく使われる応答表現
    ・質問がわからない時の対応方法
  • 2. セルフトレーニング法の紹介と実践練習
    ・質疑応答をスムーズに行うための自己練習方法
    ・自分の弱点を知り、克服するための方法

Lesson3 ...



すぐに役立つ実践的な内容です。

カリキュラム、レッスン内容、お見積り等、お気軽にお問合わせください。


イー・グローブでは、受講者のニーズを大切にしています。
御社にとって、本当に役立つレッスンをプランニングさせていただきます。

お問い合わせ・資料請求


トップページ > 理系の英語 > 理系の英語プレゼンテーション(質疑応答集中編)